クラブの歴史
2015年
7月
  • 2015ゴールドコーストマラソン(IAAFゴールド)で竹中理沙が優勝
6月
  • 第99回日本陸上競技選手権大会で須永千尋が1500mで優勝
3月
  • 名古屋ウィメンズマラソンで竹中理沙が初マラソン5位入賞(日本人3位)新人賞獲得
2014年
10月
  • 長崎がんばらんば国体成年女子1500mで須永千尋が優勝
  • 全日本実業団陸上1500mで須永千尋が自己新記録で優勝
3月
  • 全日本実業団ハーフで2位となり、デンマークコペンハーゲンで開催された世界ハーフに日本代表で出場した竹中理沙が17位で国別対抗戦銅メダル獲得に貢献
2013年
5月
  • 東日本実業団陸上で須永千尋が800mで三連覇達成
2009年
8月
  • ドイツのベルリンで開催された第12回世界陸上マラソンに出場した藤永佳子が14位。国没対抗銀メダル獲得に貢献
3月
  • 第30回名古屋国際女子マラソンで藤永佳子が初マラソン初優勝、新人賞獲得。
2007年
3月
  • 第28回名古屋国際女子マラソンで弘山晴美が第2位
1月
  • 大阪国際女子マラソンで加納由里が初マラソンで3位入賞、敢闘賞受賞
2006年
12月
  • 第26回全日本実業団対抗女子駅伝で悲願の初優勝
  • カタール・ドーハで開催されたアジア大会に嶋原清子が日本代表で出場。女子マラソンで銀メダル獲得
11月
  • 東京国際女子マラソンで尾崎朱美が2位入賞、新人賞獲得
8月
  • 北海道マラソンで吉田香織が初マラソン初優勝、新人賞獲得
3月
  • 第27回名古屋国際女子マラソンで弘山晴美がマラソン初優勝
1月
  • 大阪国際女子マラソンで嶋原清子が3位入賞
2005年
9月
  • 韓国・仁川で開催されたアジア大会に佐藤由美が日本代表で出場。女子1万mで銀メダル、女子5000mで銅メダルを獲得
8月
  • フィンランドのヘルシンキで開催された第10回世界選手権で弘山晴美が女子マラソンで8位入賞
6月
  • 第89回日本選手権・女子1万mで弘山晴美が2位、女子5000mで佐藤由美が3位入賞
1月
  • 大阪国際女子マラソンで弘山晴美が3位入賞
2004年
11月
  • 第26回東京国際女子マラソンで嶋原清子が2位入賞。日本人1位
8月
  • アテネ五輪女子1万mに弘山晴美が日本代表で出場し18位
6月
  • 第88回日本選手権大会において弘山晴美が女子10000mで3位
3月
  • ベルギー・ブリュッセルで行われた世界クロスカントリーに佐藤由美が日本代表で出場
2月
  • インド・プネーで行われたアジアクロスカントリーに佐藤由美が日本代表で出場。女子6.3キロの部で優勝
2003年
11月
  • 東京国際女子マラソンで嶋原清子が3位入賞、新人賞を獲得
2002年
10月
  • 韓国・釜山で開催されたアジア大会に弘山晴美が日本代表で出場。女子マラソンで銀メダルを獲得
1月
2000年
9月
4月
  • ロッテルダムマラソンで山内美根子が2位入賞
1月
1999年
10月
8月
4月
1998年
8月
3月
1997年
10月
8月
6月
  • イギリスのシェフィールドで開催されたIAAFグランプリ大会で弘山晴美が女子5000mで4位入賞、日本新記録を樹立
1996年
8月
6月
1995年
8月
1994年
10月
6月
4月
  • 織田記念国際陸上で弘山晴美が女子1500mで自身が持つ日本記録をさらに短縮
1993年
11月
  • 第15回東京国際女子マラソン大会で谷川真理が2位入賞
8月
1992年
8月
6月
1991年
11月
1990年
12月
  • 第12回東京国際女子マラソン大会で谷川真理が3位入賞
  • 第43回福岡国際マラソン大会で弘山勉が2位入賞
2月
1985年
11月
1979年
11月
  • 第1回東京国際女子マラソン大会が開催される
9月
  • 資生堂ランニングクラブが発足する