クラブの歴史
  • シドニーオリンピック
  • 女子1万メートル予選
    シドニーオリンピック女子1万メートルの予選は、40名の選手が出場し、2組に分かれて決勝進出となる20人の枠を争うかたちで行われた。 陽差しが強く暑いコンディションのため1・2組ともレースはスローペースで始まり、徐々にペースが速くなっていくサバイバルレースとなる。
    1組目に登場した弘山は落ち着いていた。スローペースにも集団の中で流れに乗り、終始安定した走りを見せた。 3000メートル付近からリベイロがペースを上げレースが動き始めたが、難なく対応する。5000メートルでペースが落ちると弘山は先頭を引っ張るなどレースの後半は 積極的な走りで、リベイロやロルーペ、トゥルといったビッグネームが形成する先頭集団に最後まで食らいつき、 32分07秒68の5位で楽々予選を通過した。後半の5000メートルを15分43秒でカバーしていることからも弘山の好調子は間違いなく、3日後に行われる決勝が楽しみになる予選の内容だった。
    弘山選手のコメント
    予選を通過できホッとしています。調子は良かったのですが、トラック競技となると世界は強いですから やはりスタートするまで少し緊張していました。
    今日は暑かったですし、オリンピックや世界陸上の予選はスローペースで始まることが多いので、終盤の激しい争いに備えて、 レースの流れに乗ることを心掛けました。後半は積極的な走りができましたし、予選を走ることでさらなる体調アップと 精神的な高揚が期待できると思います。今日の予選でも上位の選手はかなり余裕を持って走っていました。 決勝でも積極的な走りをして、少しでもいい順位でゴールできるようにしたいですね。応援してください。!(^^)!
    シドニーオリンピック女子10000m予選1組目の結果
    順位 出場者 所属 記録
    1 Tulu Derartu エチオピア 32分06秒19
    2 Loroupe Tegla ケニア 32分06秒41
    3 Ribeiro Fernanda ポルトガル 32分06秒43
    4 Jevtic Olivera ユーゴスラビア 32分06秒54
    5 弘山 晴美 資生堂 32分07秒68
  • 女子1万メートル決勝
    9月30日、20名の選手が出場し行われた女子1万メートル決勝は、豪華なメンバーが揃いハイレベルなレースが予想された。 予選を好内容で通過した弘山に上位入賞と日本記録更新の期待が自然と高まっていた。
    しかし、イギリスのラドクリフ選手が引っ張るペースは1周71秒から72秒と予想以上に速く、弘山は2000メートル過ぎから遅れ始めてしまう。 その5000メートルの通過が15分5秒というのだから勝負になるわけがなかった。3000メートルを9分7秒で通過してからは徐々にペースを落とし、 32分24秒71で20位でゴールした。7800メートルで先頭集団に1周抜かれてしまうほどの惨敗ではあったが、レース後の弘山に悔しさはなかった。 世界と力の差を見せつけられ、気を引き締めるとともに、マラソン再挑戦への決意を固めたようだ。 「負けて悔いなし」トラックに礼をして競技場を後にした弘山の顔にはむしろ満足感があったように思う。
    弘山選手のコメント
    調整が上手くいって予選をいい感じで走れたので、入賞以上と日本記録更新を目標に掲げてレースに臨みました。 しかし、予想を上回るハイペースに2000mまでしかレースに参加できませんでした。春からオリンピックを目標にがんばってきましたから こういう結果に終わったのはとても残念に思います。レースの最初から速かったのでペースが落ちるのは仕方ないとしても 途中から立て直すことができなかったことは少し悔しいです。はっきりと力不足を痛感しました。今後はマラソンにもチャレンジしていきたいです。
    シドニーオリンピック女子10000m決勝の結果
    順位 出場者 所属 記録
    1 Tulu Derartu エチオピア 30分17秒49
    2 Wami Gete ケニア 32分06秒41
    3 Ribeiro Fernanda ポルトガル 30分22秒88
    4 Radcliffe Paula イギリス 30分26秒97
    5 Loroupe Tegla ケニア 30分37秒26
    6 O'Sullivan Sonia アイルランド 30分53秒37
    7 Li Ji 中国 31分06秒94
    8 Meyer Elana 南アフリカ 31分14秒70
    9 Grigoryeva Lidiya ロシア 31分21秒27
    10 川上優子 沖電気宮崎 31分27秒44
    15 高橋千恵美 日本ケミコン 31分52秒59
    20 弘山 晴美 資生堂 32分07秒68