クラブの歴史
  • 1999年10月3日
    第83回日本陸上競技選手権大会
  • 女子10000mで弘山晴美が優勝!
    静岡の草薙陸上競技場で開催された第83回日本選手権の女子10000mにおいて、弘山晴美が32分08秒00で優勝を飾った。 17時20分のスタートで行われた女子10000m。高橋千恵美選手(日本ケミコン)のリードで 日本記録を上回るペースで始まったが、バックストレートの強い風によりペースダウンしてしまう。 1800mからは弘山選手がペースメーカーを努めるがペースを上げることはできない。 5000mからつくられた6人の先頭集団がそのままラスト1周を迎えるという動きの少ないレースで、 最後のスピード勝負となった。最後はスピードに優る弘山と川上選手の争いとなるが、 弘山選手がラスト300m手前から次元の違うスパートを放ち、最後の400mを63秒2で走破して勝負を決めた。
    弘山の1000m毎のラップタイム
    (3:05.85-6:19.31-9:32.45-12:46.11-16:04.09-19:17.98-22:40.43-25:58.69-29:10.16-32:08.00)
    弘山選手のコメント
    「世界選手権からの好調子を維持することができていたので、日本記録をねらって走るつもりでしたが、あまりにも強い風が 吹いていたので、スタートしてからは、記録はあきらめて勝つことに気持ちを切り替えました。 先頭を走りたくはなかったのですが、あまりに低レベルのレースになってもいけないと思い、余力を残して先頭を引きました。 途中からは、仕掛けるタイミングだけを考えて走っていました。バックストレートがすごい向い風だったので、最後の 300mで一気に引き離せば勝てるだろうと思い切って勝負に出ました。今大会はオリンピックの重要選考大会になっていましたので、 勝つことができてよかったです。」
  • 日本選手権 女子10000m の結果
    順位 出場者 所属 記録 備考
    1 弘山 晴美 資生堂 32:08.00 五輪A標準突破
    2 川上 優子 沖電気宮崎 32:09.97 五輪A標準突破
    3 鄭 桂霞 スズキ 32:10.51 -