クラブの歴史
  • 世界陸上(IAAF WORLD CHAMPIONSHIP)
  • 1999年セビリア大会
    スペインのセビリアで開催された第7回世界陸上選手権の女子10000mに弘山晴美が日本代表として出場した。 過酷な気象条件からスローペースが予想されていたが、実際は1000mから急激なペースアップで走力(スピードとスタミナ)が 要求されるハイレベルなレースになった。前半に先頭集団から離されてしまったた弘山だが、終盤に驚異的な追い上げを見せ、 4位まで順位を押し上げた。惜しくもメダルは逃したが、2大会連続の入賞を果たした。
    1997年アテネ大会
    ギリシャのアテネで開催された第6回世界陸上選手権の女子5000mに弘山晴美が日本代表として出場した。1ヶ月前に5000mで日本記録を マークしており、その好調子を維持し世界の舞台へ乗り込んだ。予選では、落ち着いた走りを見せ3位で通過した。決勝では中盤からのペースアップに 対応することはできなかったが、後半粘りを発揮し彼女の目標としていた8位入賞を見事に果たしてみせた。
    1993年シュツットガルト大会
    ドイツのシュツットガルトで開催された第5回世界陸上選手権の女子10km競歩に佐藤優子が、女子1500m・3000mに 弘山晴美がそれぞれ出場した。外国の強豪選手に混じり佐藤選手は19位と健闘した。一方、弘山選手は、外国選手のスピードに圧倒され 残念ながら両種目とも予選落ちに終わった。
    弘山選手のコメント
    「世界大会初参加だったシュツットガルト大会では、外国選手と実際に闘い、スピード不足を痛感しました。 今の私があるのは、この大会のカルチャーショック的な刺激のおかげだと思っています。私の競技の転機となった 大きな意味を持つ大会だったですね。
    2回目の出場となったアテネ大会では、前回と五輪の経験が生きて、落ち着いて臨むことができました。 目標としていた8位入賞も果たし、生涯忘れることのできない大会となりました。一方では、世界の舞台で 5000mでメダルを獲得するのは容易なことではないとも肌で感じました。
    世界陸上3回目のセビリア大会、世界大会のトラック種目の中でメダルを狙えるという意味で、一番闘いやすいと思っていた1万mに出場でき、 不安よりも楽しみのほうが大きかったですね(走る前は)。残念ながら、メダルは逃しましたが、順位・記録ともに 満足できる結果でした。しかし、ここでも世界のトップの実力を見せつけられてしまいました。これで、1500m、3000m、 5000m、10000mと順番に出場したことになります。幸せだと思っています。残すは、マラソンですね。」
  • 世界陸上選手権大会の結果
    大会名 出場者 種目 順位 記録
    セビリア 大会 弘山晴美 女子10000m 予選取り消し
    決勝4位
    -
    31:26.84
    アテネ大会 弘山晴美 女子5000m 予選1組目3位
    決勝8位
    15:27.75
    15:21.19
    シュツット ガルト大会 佐藤優子 女子10km競歩 決勝19位 46:41
    弘山晴美 女子1500m
    女子3000m
    予選2組目9位
    予選3組目10位
    4:19.67
    9:11.77